かながわ子育て応援者養成講座 終了しました!

かながわ子育て応援者養成講座

5回無事に終了しました。

申込者30

インフルエンザのはやる時期で

お休みの方もチラホラいらっしゃいましたが

参加者の皆さん

本当に熱心に参加くださいました。

 

今回の内容は支援者向けだったのですが

是非妊娠中の妊婦さんに

聴かせたい内容でもありました。

 

参加者の中に妊婦さんもおいでになりました。

経産婦さんが今回5回頑張って参加されました。

また新しい気持ちで子育てに取り組めると

こころを新たにされたようでした。

 

5回の講義の内容と参加者の感想も含め

次に報告させていただきます。

 

次回につづく・・・・・・

~赤ちゃんはお母さんを選んで生まれてくる~ 池川明先生

 

参加した方々の感想を紹介します。

 

・胎内記憶を話したり、聞いたりすることで

  母親が喜んだりすることが育児にプラスになる。

 

・子どもは母親を喜ばせに来ているので

    母親が笑顔でいることが大切!

 

・「目からウロコ」の考え方を聞くことができて本当に参考になりました。

 

・褒めて育てる、受容する、出来るところを

         伸ばすということに確信が持てた                                             

                                                                                                                                             

23歳児の子供の30%が胎内記憶あると答えたということに

  びっくりしました。

本当に知らなかったことだったので不思議さを感じました。

胎内にいても五感があるとは生まれる前から

 お腹の中で生活しているということが理解できました。

 

・子育てのポイントをいくつか頂きました。

 出来ないところを伸ばすのではなくできるところを伸ばすように

 自尊感情を育てるためのポイント 

存在を喜ぶ ②信ずる  ③応援する

 

・新たな世界観を学べました。

 知ること 伝える大切さを改めて実感しました

 

・科学では証明できなくても、

 赤ちゃん・子どもが持っている可能性に耳を傾ける姿勢を

 持ちたいと思いました。

「目的があって役割をもって生まれてくる」

   これが分かるだけで生きる意味が深くなる。

 「なぜ生まれてきたか」を質問された時の参考にします。

 

・考え方や見方を変えるだけでポジティブになれると感じました。

 子育てを支援する活動をしながら

 自分は子供に愛をちゃんと伝えていなかったなと思ったので

 これから変えていこうと思います。

 

・先生のお話を聞いて、

 親として子供に愛の3つの環境を与えたかどうか。

 たぶん与えなかったかもしれません。

 が、せめて少しでも若いママ達のお役に立てたらいいなと思っています。

 

 私が子供たちと関わっている時いつも思うのは、

 先生のおっしゃるように、0才の子供でも何でもわかっているし、

 意志があるんだということです。

 今後は自信をもって言えるようになりました。

 ありがとうございました。

聴講者 21人分        2016

 

 

2日目はおっぱいと離乳食について

 聖マリアンナ医大名誉教授、小児科医、かながわ母乳の会代表の

 堀内 勁(ほりうちたけし)先生のお話しでした。

 今回の講座の参加状況ですが

 

 応募者数    34

 キャンセル数  6名

 受講者数    28名    でした。

 講座が終了して思うことは

 妊婦さんや産婦さん、お父さんになる方にも

 是非伝えたい中身でした。

 出来れば同じようなメニューで 両親教室として実施したいですね

 お産はゴールではなく子育ての始まりです。

 先生方のお話しは妊娠中からお伝えしたい中身です。

 堀内先生のお話しはとても興味深く、、

 医学的な裏付けもお話しくださいました

 終了後のアンケートに質問がありましたのでご紹介します

①食育の勉強をして妊婦さん対象の指導をしています

 が現在実践していることと正反対のことであったため

(味付けや状態について)戸惑っています。

一部理解もできますが

 指導できる立場の人の考え方が違いすぎると

 混乱が生じないでしょうか。

 もっと見識者の方の意見統一はないのでしょうか。

 ②スマートフォンなど視覚情報に頼る方が多いのですが・・・

  スマートフォンの普及でお母さんたちの身体

   (肩こり、頭痛など)、

    母乳の出方に影響していることはあるのでしょうか。

  先生にメールいたしましたら早速お返事を頂きました

  堀内先生のお答えは

  次に つ・・づ・・き・・・      ます。

 

 

お問い合わせ・講演依頼

メモ: * は入力必須項目です